上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.12.13 冬の到来2013
20131213-3
何回か、雪が降って、
時には葉が落ち切らないうちに降って、
その上に葉が落ちると、こんな光景が見られます。

20131213-2
降った雪が一旦消えて、冷え込んだ朝の朝日。
ピンと張ってきた空気が何とも心地よいと感じたりします。

20131213-1
そして、いよいよ根雪になるかという降雪。
放射能的には雪の遮蔽効果は抜群なので、シールド完了!

まだまだ冷え込んではいないので、
雪は湿り雪。
地面もまだまだ凍てついてはいないので、
未舗装の拙宅周りは、車が通れば、
ぐちゃぐちゃ、どろどろです。

20131213-4

こうして冬はやってきて、
はてさて、今冬はどんなに降るかな降らないかな…。
スポンサーサイト
2012-11-27-1

今朝は吹雪でした。
これが根雪になるかどうか、
願望も含めて、ならないのではないかと思っていますが、果たしていかに。
吹雪いている音も含めて、動画から寒さなどが伝わるでしょうか。
お楽しみください。

2012-2-20-5
電力計がある場所は、除雪の時に雪が飛んだりすることもあって
埋もれてしまいます。
検針に来た方がメーターを見るために
かわいく除雪していってくれました。
左は通常の電力計、右はソーラーの売電用のものです。
積雪地のソーラーは、冬場は予想通り雪があまり落ちなくて
晴れていても発電しないことが多いです。

当初の営業マンの方の話では
「屋根から落ちるのと同じように落ちます」と言っていましたが、
そうはならないと最初から思っていて、
それを加味しても採算とれるかなと、自分たちなりにシミュレーションと
電気の自給に熱望があっての運びでした。
営業マンの方に
「原発の電力使いたくないからね」なんて言っていました。

シミュレーションはシステム全体の15年ローンの月々の返済額が、
通常支払っている電気料金と売電による収入を足したものでペイできるかどうかです。
販売会社は各地の日照データを持っていて、最寄のデータ、屋根の向き、勾配、設備の出力などを計算して
お客さんに「手出しなくてもやっていけますよ。ローン返済後はまるまる儲けです」
などとセールスするわけです。

うちは条件が良かったのですが、雪のこともあるので、
シミュレーションの値を2割減で考えてもいけそうかどうかというところで
決断しました。

毎冬自分で雪を落とすこともあります。
手におえそうにない場合は、業者さんに除雪に来ていただいています。
販売業者さんの保証は10年なので、10年はきてもらえそうですが、その先は?ということでした。

「これでは、東北の豪雪地での営業展開も難しいですよ、なにか雪が落ちるようなオプションの設備をつけるとか、なにか考えた方がいいんじゃないですか。うちモニターになりますよ」とまで言ってみましたが、
会社には今のところその気はないということでした。
残念です。

毎冬のパネルの雪下ろしは続きそうです。

うちは、小水力発電もやる気満々です。
町内の若い友人が、水利権の問題は別として
自前で数万円でできそうだと、いろいろ考えてくれています。

スターリングエンジンといって、
薪を焚いて稼働させるエンジンでの発電機もあるようです。
薪発電です。
いろいろ工夫するのって楽しいですよね。
2012.02.18 雪の足跡
2012-2-18-2
こちらは我が家の愛犬が足を滑らせた足跡
2012-2-18-4
こちらは通常の足跡
しっかり冷えてアイスバーンになった上にパウダースノーがのって
さすがの犬たちも爪が利かずに滑ってしまうことがよくあります。
人間と違うのは、すってんころりんと、しりもちをつくようなことは絶対にありません。
当たり前ですが…。

2012-2-18-1
こちらは我が家の乗用車の足跡?!

2012-2-18-5
単管パイプで作ったブランコの最上部の梁で鉄棒する息子の図です。

2012.02.15 雪の樹影
2012-2-13_1
光の春といった感じになってきました。朝日を受けて長く伸びた樹影が美しいです。

2012-2-13_2
私の影も撮ってみました。
2012.02.10 冬の散歩
2012_2_10_2
例年よりも雪が少ないかななんて思っていた1月
辻褄を合わせるように、どかっと雪は降り、
ご覧の高さになっています。
息子がこの写真を見て
「うちの大と吉(いずれも犬の名です)、シロクマみたい!」
と申しております。

お陰様で、うち一軒のために町道を500メートル除雪していただいているので
生活できます。また町の除雪も職人技級に上手なので
この道路が下り勾配で(うちにあがってくるときはのぼり)絶好のプライベートそりゲレンデになります。

21012_2_10_1
大と吉の小屋はかなり埋まっています。

朝晩の散歩には息子がよくついてきます。
私「お父さんは散歩大好きだなぁ」
息子「おれも好き!」
しみじみと、このかけがえのない唯一無二の散歩に
胸を熱くする父親でした。
2011.04.21 なごり雪
4月も末になるというのに、雪が降りました。
湿り雪で、風もなかったので樹木にびっしり雪がつきました。
美しい光景です。
空気は真冬のそれと違って
はりつめていないのが画像から伝わるでしょうか。

2011_4_20

放射能について改めていろいろ勉強してみました。

人が手を加えて故意に不安定にした原子が、
安定になりたがっていて放射線を出しているわけです。

その姿は なにか精神的に愛情不足の子どもが愛を求めて
激しく周りを破壊しているというような、
そんな姿にも重なるような気がしてきました。

分裂させられて
安定したくて、周りを引き 裂く、
そのエネルギーで、
人と人の間をもひきさく、かきまわす、
ふるさとの大地とそこに住む人をひきさく、
あなたと私をひきさく
原発反対の私と そうでもないあなたをひきさく
いのちの遺伝子をひきさく

そんな風景が見えてくるようなき気がしました。

子どもの心の場合はひたすら満たしてあげるしかありません。
満ちれば自ずと次のステップに進みます。
しかも然るべき時に必要な分を満たすことが大事だったりします。
機を失すると、余計に必要になったりします。

満たせなければ人は大きくなってからも必ずそれをひきづります。

完璧な育て方などありません。
気づいた時に満たしてあげるしかありません。

放射性核種にはどうしてあげたらいいでしょうか。
わかりません。


ちょっとオセンチな考えでしょう か。失礼。
2011.03.10 残雪まだまだ
2011/3/10

拙宅の奥で土木工事が始まって、雪に埋まっていた道路が除雪されました。息子の背くらいの高さまでの積雪になっていたんですね。木を運ぶために運搬車が通っていたのは息子の頭の高さのところだったわけです。後ろの雪と戯れる犬は、我が家の愛犬「大♂」「吉♂」のうちの「大」。朝の散歩でのショットです。


2011.03.09 冬の伐採
2011_2_21_b.jpg

冬の伐採風景です。木を倒すのは根回りの雪を掘らないといけないので大変ですが、雪が締まって固くなるので、木を集めるのは楽です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。