上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.23 木の実豊作?
木の実が豊作です。

ウワミズザクラの実。まだ花が終わったばっかりの状態です。
このあたりでは、この桜のことを「メクラ」と呼んでいます。
20140623-2

ご存知、クワの実。黒いくらいになれば食べごろです。
20140623-1

震災による原発事故前は、こういったものを何の迷いもなくほおばっていましたが、
測定しないわけにはいかないので、熟したさきから集めて、冷凍保存し、
測定できるくらいの量になるまで、我慢です。1リットルくらいは必要です。

木の実を焼酎漬けなどにして、お菓子づくりにも生かしていければと考えています。
まさしく「すみやのくらし」。
山暮らしの我が家のおやつのおすそわけ。
コンセプトにあった商品づくりを心がけます。
スポンサーサイト
2012.10.26 紅葉さまざま
樹種それぞれの色づきをお楽しみください。
散歩の道すがら撮影してきました。

DSC04634 (360x640)
クロモジ

DSC04635 (360x640)
ウリハダカエデ

DSC04636 (360x640)
ヤマウルシ

DSC04637 (640x360)
リョウブ

DSC04638 (640x360)
クマシデ

DSC04639 (360x640)
コナラ

DSC04640 (640x360)
イタヤカエデ

DSC04643 (640x360)
ハウチワカエデ

DSC04644 (360x640)
タニウツギ

DSC04646 (640x360)
コシアブラ
2012-4-18
雪解けが急激に進む中、
樹木の萌も進んでいます。
こちらはオオカメノキの萌です。
若葉というには、まだまだほど遠いですが、
合掌している手のようでもあり、美しいです。

経産省前テントでは、原発稼働が0になる5・5まで、
ハンストが始まりました。
私も、この地で一日でもいいからハンストをして
繋がりたいと思います。想いを寄せたいと思います。
合掌拝。
2012.03.27 アオダモ
2012-3-27
アオダモです。
東京の知人経由で柄材(石工さんのハンマーの柄)の注文があり
根回りの雪を掘って、手鋸で伐り、運搬車でずり引きして集めました。
柄材なので、それなりの規格があり、あまり太いものはいりません。
規格にあう太さのところを規格の長さに切りそろえ、200本送ります。
もちろん、私もアオ(木を割るときの道具)の柄に使うこともあります。

アオダモといえば、バットの材料が一番有名です。
太いものも、ちょっと奥山に行けばあります。
初夏に白い花が咲きます。
小枝の切り口を水の中に入れると、青い樹液?が出て、インクのようなので
インクの木と言ったりもしたようです。

炭に焼くと、硬いいい炭になります。
2011_10_20_3
紅葉した葉群ごしに朝日が射しました。
夢のような美しさです。
この葉群の多くはアズキナシです。

2011_10_20_2
峠田岳の紅葉です。こちらは夕日に浮かぶススキ越しの紅葉です。

2011_10_20_4
そして、こちらは、ヤマボウシの葉っぱです。
ここらでは、「ヤマグワ」と読んだりします。
街路樹でよくアメリカヤマボウシといって、
ピンクの花を咲かせるものがおなじみかもしれませんが、
こちらは少し厚ぼったい純白の花を咲かせます。
まさに「山」の「法師」なのです。
私は大変好きな樹木です。炭もいいものが焼けます。

紅葉の葉は、それぞれに深い色合いです。
いつか書いたことがありますが、
言葉のことを「言霊」(コトダマ)というように、
「色霊」(イロダマ)といっていいくらい、
なにかこの秋の葉の色には
心をじんわりさせるものを感じています。

世界は美しい!!


今日、飛び入りで
[OH!バンです]の取材を受けました。
少しだけ紅葉の説明等させていただきました。
金曜11/4放送のようです。
よろしければご覧下さい。
11_9_5_5
ミヤマガマズミの実。

このブログは、元々自然の美しさ、営みの絶妙さ
とりわけ私たちが暮らすこの七ヶ宿の美しさを、
紹介して、
七ヶ宿のファンが増えたらいいなと
始めたものでした。

もちろん、炭の販売に繋がればという下心もあったのですが、
そういったところで繋がったお客様と繋がることができれば
これ以上の喜びはありません。


期せずして、震災で原発が破壊され
放射能が膨大に世界中に拡散され
それに伴って、
このブログから発信する内容も
それに関することが多くなってきました。

それでも、
たとえ、放射能で汚染されてしまっても
やはり、自然の営みは
実に淡々と
実に確実に
何があっても、それに応じて営みを続けているわけで

その営みそのものへの愛おしさ
その営みそのものへの懺悔の気持ち
その営みへの感謝は日々募るばかりで、

だからこそ、
お伝えする内容が原発関連の内容であっても
意識して、この営みの美しさ、絶妙さをも合わせて伝えたいと
様々な風景、植物の画像を可能な限り
記事に添えてきたつもりです。

私たちの今後の文明は
そういったところに立脚したものでなければなりません。
震災前以上に
そのことを深く深くかみしめている日々です。

世界はこんなにも美しい!!
なんどでも言います。

世界はこんなにも美しい!

11_9_5_3
クロモジの実

11_9_5_2
ヤマウルシの実。紅葉時、一番先に葉を鮮やかに赤く染めるのは、これです。かぶれる人もいます。

11_9_5_4
クリの若い実。今年のクリのベクレルはいかがでしょうか。

11_9_5_1
台風の風で舞い散った落ち葉が、散歩道を彩りました。多くはヤマザクラの葉です。
2011.04.29 枝模様2011/4
まもなく葉を出す樹木達の枝模様です。

2011_4_28_1
クロモジ_カンジキの輪の部分、和菓子の高級楊枝につかわれます。ジャスミンのような香りがします。


2011_4_28_2
ヤマザクラ_膨らんでいるのは花芽、この木は濃いピンクの花をつけます。


2011_4_28_3
ご存知アカマツ_散歩途中の山の神が祀ってある場所にある古木のアカマツです。


炭のパウダー商品化は5月下旬になりそうです。
ヨウ素には炭、
セシウムにはペクチンが
吸着能があります。


定期的に測定されている宮城県の野菜の測定データからすると
現在も野菜からヨウ素が検出されているので
半減期を考えると
やはりまだ降っている、つまり福島原発からのヨウ素の放出は
間違いなく続いていると考えられます。


以前お伝えした
サイト「炭の力:環境汚染時代、放射能時代を生き抜くために」は、
日中身体を動かしての疲労感と
毎日毎日のメールの対応などしているうちに
眠くなってしまい、
なかなか進みません。
あしからず。


2011.04.16 新芽模様
2011_4_11

クマシデの新芽越しに見た青空です。
とても素敵でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。