上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-9-29-3
我が家の水道は湧水をひいています。
取水口まではおよそ1キロ、落差はおそらく15mくらいはあるでしょう。
水道管設備の配管は自分でやり、
末端は雑排水(台所、風呂、洗面所、洗濯の排水)が流れ込む池に流しっぱなしにしてあります。
そうしないと、冬期間は凍結してしまいますし、夏場も詰まる原因になりかねません。
その末端の水の力を利用して、ミニ水力発電のプロジェクトを
町内の若い友人のたけちゃんと推進中なのです。

当初は、自宅脇の崖下の沢でとも考えました。
河川は1級河川、2級河川、準用河川、普通河川とあるようで、
心配していた普通河川は水利権は発生しないそうで、その問題はクリアだったのですが、
電線で持ってくることによる電力のロスなども考えて
この水道の末端で実験を試みることになったわけです。
冷蔵庫分くらいの電力を発電するのを目標にしています。
たけちゃんは電気工事士の資格ももっているので、頼もしい存在なのです。

ジェネレータと水車(ターゴインパルス型というそうです)は、たけちゃんがネットでアメリカから購入、
部材もできるだけお金をかけないようにしています。
前回は水車を回すだけの水圧がこのままで得られなかったので、
細いノズルを先端につけることで水圧を上げ、
さらに分岐させて、2か所から水を当てるように装置を作り、実験しました。
思ったほどの結果は得られなかったものの、片方のノズルをふさいで、1か所に集中させると、
手で回した後に、わずかに自力で回ったのでした!前進です。
あと、わずか!!おっ!いけるかも!

次なる作戦を二人で相談し、近いうちに再トライです!!!
スポンサーサイト
2012-5-19-1
今はまだ明かせませんが、町内の若い友人のT君と、
かねがね検討していた秘密のミッションのための下見をしてきました。
我が家の敷地の崖下の沢を歩きました。息子も同伴です。
まずは、ギンリョウソウの出迎えを受け、

2012-5-19-2
ケヤキの古木に逢い、

2012-5-19-3
沢をさかのぼり、

2012-5-19-4
ブナの大木を見上げながら、我が家の敷地にもどりました
とさ。
yamayuri617
あの広瀬隆さんからの提言です。
ぜひ多くの方に広めて下さい。


広瀬隆さんは、5月中旬に行った国会議員へのレクチャーで最後の方で言っていました。
「…これがベストだという答えは見つけない方がいいというのが私の持論なんです。つまり、それぞれの人が持っている能力がそれぞれのところで独自に発揮された時にユニークな力が総合的になるだろうと私は思っています。
なにか、メシアが登場するのを待つような考えでは、私は原発なんて止まらないと思います。



以下、転載です。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『現在の反原発運動についてひと言申し上げます。みなさんにもこれを広めてください。

電力会社の原発はほぼ5000万kWだが、今夏のピーク時には、福島第一が廃炉にな
り、福島第二、東通、女川、東海第二が全滅し、浜岡が停止、柏崎刈羽が3基再
起不能で停止、さらに全土で定期検査中の原発が運転再開不能のため、事実上1300
万kWしか稼働しない状況にある。

この頼りない原発より、資源エネルギー庁が公表している産業界の保有する自家
発電6000万kW(昨年9月現在)のほうが、はるかに大きなバックアップとしての発
電能力を持っている。

「原発の代替エネルギーとして自然エネルギーに転換せよ」という声が圧倒的に
多いが、日本人が“快適な生活”をするために使っている電気の大半を生み出し
ているのは、現在は火力発電である。この火力発電は、日本においてきわめてす
ぐれた世界最高度のクリーンな新技術を導入しているので、何ら問題を起こして
いない。決して原発が、電力の大半をになっているのではない。原発は事故続き
で4分の1も発電していない。

自家発電をフルに活用すれば、このすぐれた、クリーンな火力だけで、「まった
く現在のライフスタイルを変えずに、節電もせずに、工場のラインを一瞬でも止
めることなく」電気をまかなえる。

これは、将来、自然エネルギーが不要だと言っているわけではない。

多くの人が抱いている「自然エネルギーで代替しなければ原発を止められない」
という、現在の反原発運動の固定観念は、まったくの間違いである。

将来のエネルギー構成をどうするべきかについてはここで論じないが、原発を止
めるのに、選択肢の一つである自然エネルギーは、今のところ特に必要ではない。
つまり、産業界を味方につけて自家発電をフルに活用し、原発を止めることのほ
うがもっと重要である。

週刊朝日6月10日号で私が特集したように、週刊朝日の記者が各電力会社に取材
した結果、興味深い電力需給について裏の構造が明らかになった。全国で、電力
会社が他社受電の発電能力を秘密にして、取材にも答えようとしなかった。

特に九州電力だけは、「発電設備ごとの能力の内訳は公開していない。経営戦略
情報なので教えられない」と、火力・水力・他社受電(自家発電からの買い取り)
・原子力の内訳さえも答えないというトンデモナイ非常識な態度をとった。
この九州電力が、原発を動かせないので夏に電力不足になる、と言い立てている。

なぜ電力会社は、これら当たり前の事実を隠そうとするのか、という疑問から、
ここで重大なことが明らかになった。

それは、「電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない」、こ
の事実を国民に知られると、産業界からも、一般消費者からも、「送電線を自家
発電の民間企業に解放せよ!」という世論が生まれる。

そして制度が改善されて、誰もが送電線を自由に使えるようになると、地域を独
占してきた電力会社の収益源の牙城が崩れる。

送電線の利権だけは、何としても電気事業連合会の総力をあげて死守する必要が
ある、と彼らは考えている。

九つの電力会社にとって、福島原発事故を起こした今となっては、原発の確保よ
り、送電線の確保のほうが、独占企業としての存立を脅かすもっと重大な生命線
である。

そのため、自家発電の電気を買い取らずに「15%の節電」を要請するという行動
に出てきたのである。

したがって日本人は、「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、「送電線
をすべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のた
めに、まず第一に起こすべき国民世論である。何しろ、送電線が解放されて、安
価に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用も
できないのだから。

原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。
産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。

広瀬隆


○●○●○●○●○

送電線の国有化を願う1000万人署名!
http://maketheheaven.com/japandream/

署名締切
2011年7月6日(金)

署名用紙PDF
http://maketheheaven.com/japandream/wp-content/uploads/2011/06/ 署名1.pdf
2011_6_10_2
脱原発の種が様々に飛んでいくことをイメージし、てタンポポの種


今がチャンスかもしれない。

スマートグリッドの考案者であるロッキーマウンテン研究所の創設者のエイモリーロビンスさんが
NHKの「未来への提言」に出演されたときも
日本の場合は、電力会社の独占企業状態が
自然エネルギーの推進の大変な障害になっているといっていました。
政府でも検討していた時が以前あったとか……。


header1000shomei


「日本人の夢!送電線の国有化を願う1000万人署名!」を広めてください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
より多くの方にご参加いただけるよう、
広めてくださいませんか?
このページをあなたの大切な方に広めて下さい。
http://maketheheaven.com/japandream/

日本の自然エネルギーの技術は世界トップレベル!
なのになぜ自然エネルギーの自給率が
低かったか知っていますか?
その原因の一つが電気を家庭に送る送電線を電力会社の一企業が独占していたからです。
一企業が独占していると送電線は自由に使えません。
道路を一企業が独占しているのと同じだからです。
本来送電線は公共物で、自由利用の原則に基づくものです。
ところが一企業が独占所有しているために、
企業や都道府県、市区町村などが大量の電気を作ったとしても、
公正な価格で販売することができず、その結果、

一方に電気があるのに社会全体では、
電気が足りないという現状が生まれてしまうのです。

『送電線が国有化されたならば、どうなるでしょう?』

送電線が自由利用の原則に基づいて接続自由になると、
企業や都道府県、市区町村は独自で電気を創りはじめます。
その多くは地域の特性に基づいた自然エネルギーとなるでしょう。

世界では一般的に認められている自然エネルギーに対する
固定買取制度により、それらの発電主体は豊かになります。

そして国有化された送電線を使い、地域で作った電気を地域の人が使えるようになるのです。

東京の電気をまかなうために、新潟や福島や青森で電気を作っています。
しかし、その電気は東京に届くまでの距離が遠いため、送電ロスが多くなるだけでなく、
費用も多額にかかるようになってしまいます。

スマートグリッド(※1)のように地域内での発電と配電が調整されれば、
このようなロスは避けられることになります。

もう多くの人が気付いているように、需要をコントロールすれば、
原発が全部止まったとしても電力は足ります。

デマンドサイド・マネジメント(※2)を実行すれば、
限りなく電源を開発する必要はなくなります。

しかも、その電源の多くがco2を排出する火力発電です。
しかし送電線が国有化されるとともに民主化されれば、
自然エネルギーから電気がどんどん販売できるようになり、
火力発電をフル回転させなくてもよくなっていきます。
送電線の国有化が実現すれば、割高な原発からの電気は抑制され、結果、電気代は安くなります。
それぞれの地域が独自でエネルギーを生めるように、送電線の国有化を望む署名を集めたいと思います。
*****

※1『スマートグリッド』•••デジタル機器による通信能力や演算能力を活用して電力需給を自律的に調整する機能を持たせることにより、省エネとコスト削減及び信頼性と透明性の向上を目指した新しい電力網 。

※2『デマンドサイド・マネジメント』•••電力消費に関して、消費者側が管理制御に関わること。消費者が制御に参与し、需要量の制御を行うことによって、需給の協調を実現、より効率的で無駄のない需給システムを形成しようというもの。

『一ヶ月で1000万署名に向けて具体的にやる事』

今回、日本中に一気に送電線国有化という風が吹くように
一ヶ月という短期間で署名を集めたいと思います。
ぜひ、一緒にこの一ヶ月、あなたの力を貸して下さい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。