上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島からあなたへ福島からあなたへ
(2012/01/20)
武藤 類子、森住 卓 他

商品詳細を見る

号泣でした。
あの6万に集まった、9.19のさよなら原発集会での
広く知れ渡った「私たちはいま、静かに怒りを燃やす東北の鬼です」と呼びかけた
あのスピーチもさることながら、
この本のタイトルにもなっている
後半のエッセイが秀逸でした。

原発事故の解説書ではありません。
放射能の話ではありません。
もちろん被曝をどうしたら減らせるかという話でもありません。
ましてや、こんなに福島は苦しんでいるというレポートでもありません。

しかしながら、この未曾有の放射能時代を生き抜くために
一人でも多くの方々に手に取っていただきたい、読んでほしい本だと思いました。
生き方そのものを、それぞれが自らに問うことを
真摯に深めていくための
勇気を、力を与えてくれる本です。

中に、六ヶ所での座り込みの体験談が出てきますが、
私たち夫婦まさに、同じ時間同じ場所にいて
同じように警官によって排除された経験があるがゆえに
なおさらに、自分はあれからどうして来たんだろうという
自責の念が募ります。


「3.11以来、世界は変わりました。いつか私たち家族は、ふたたび新しい暮らしを創る旅に出るでしょう。すべての命がこの美しい星と調和できるように、ひとりでも多くの人に新しい生き方をみつけてほしいと願います。……閉塞した現状のなかで日々、人類への絶望は深いのですが、人生の中で出会った一人ひとりの顔を思い浮かべると、悲しいほどにいとおしさがこみあげます。私もまた、どんなにたくさんの人々に支えられ生きているのかを、この最悪の原発事故によりふたたび心に確かめたのでした。」

息子をナイタースキーに連れて行ってロッジで待っている間に読了しました。
こみあげてくるものを抑えるのに必死で、
ロッジに持って行って読んだことを後悔したことでした。

類子さん出演のOurPlanetTVというネットメディアの番組も合わせてご覧ください。
スポンサーサイト
未曾有の大震災から1年の3月11日に
七ヶ宿で暮らす私達の家で
アットホームな雰囲気でのライブを開催します。
1年間、地震津波の災害や放射能のことで、
頑張ってきた心とからだを
じねんの舞踏
クリスタルボウルの響き
解きほぐしてみませんか?
一生懸命、いのちを守ろうと向き合ってきた
自分自身に一息入れてみませんか?
それぞれ頑張ってきたご褒美のつもりで、
どうぞ気軽に、
残雪深い七ヶ宿の佐藤家にお越し下さい。

日時:2012年3月11日(日)午前11時〜午後3時頃まで
(午前中に屋内でクリスタルボウルの演奏、昼食をはさんで午後から、
屋外の雪上でじねんの舞踏の予定ですが、変更もあるかもしれません。
少しみんなで身体を動かすかも!)
会場:七ヶ宿の佐藤宅 
(七ヶ宿町字侭ノ台100-2 TEL 0224-37-3156/七ヶ宿スキー場奥です。)
会費:500円(家族参加は1000円)
(昼食時のお汁材料代他)
持ち物:各自おにぎり(持ち寄り大歓迎!、屋外での観覧もあるので防寒対策もお忘れなく)

*お越しいただく場合は、準備の都合上、必ずご連絡下さい。

画像クリックでpdfダウンロードできます。
athome1_1

athome1_2


以下、チラシの裏面のテキスト部分をはりつけておきます。
----------------------------------------------------------
じねん舞踏即興『 千の雫、千の花 』-追悼と再生に-

降りしきる千の雫、どうぞ母なる大地よ、その雫を抱き留めて、千の花を産め、、、、
目を閉じて、深く呼吸をする、、、、生きているこの身を感ずる。生きている今に、深く感謝する。
昨年3月11日、震災で多くの方々が被災され、そして命を失いました。
もし、東北ではなく、大阪京都が震源であったら、自分たちがその立場になっていたのかもしれません、、、。
そう感じた時に、私の心の中によぎった想い、それは、被災された方々は私たちの代わりに様々な苦難や苦境に面し、そこで生きている。命を落とされた方々は今息をする私たち皆の代わりに逝かれたのかもれない。
同時に、私たち生命皆がもし一本の樹の様に繋がっているであれば、
私たちは自身のカラダの一部を痛めまた失っているのだろう。
もしそうなら、世界中様々な地域で起こる、天災や戦争で被災されまた亡くなっていった人も、動物も植物も、今息をする私たちの代わりに命を失い続けている。
そして同時にそれは私たち自身の痛みなのだろう。もし父母や祖父母、祖先が存在しなければ私たちは存在していない様に、私たち全ては、生命の遙かな祖先の根を辿れば一本の樹の様に繋がっている。私たちは祖先や世界中で亡くなっていった生命に生かされている。同時に私たちのカラダの一部を失い続けている。
私たちは忘れているが、一本の樹だったのだ。。。。
だから私は踊りたい。私たちを生かしてくれて、同時に私たちの一部であった生命を思い出したいのです。そして痛みを越えて樹が花を産む、その花に一瞬でも触れてみたいと思うのです。
天から千の雫が落ちる、その無数の雫は、樹に生命を与え、花をあたえる。
無数の雫が天から落ちる。 ( 竹之内 淳志)
■舞踏:竹之内淳志 /62年三重県生まれ。80年に“北方舞踏派”に入門、『鷹ざしき』で舞踏の創始者・土方巽に振付を受ける。86年「自然」より広く全てを意味する「じねん」というコンセプトでソロ活動を始める。 96~99年、日本の様々な土地風土、人や音楽から感じたままを即興舞踏にする吟遊舞踏『じねん』ツアーにて日本全国600箇所で公演。この間に大野一雄・慶人の宇宙観に触れ師事。99~00年、JINEN 舞踏『太陽と月』にてヨーロッパ・アジア12ヶ国を巡り、自然や歴史的な場にて公演しその映像を記録。現在はヨーロッパを拠点に活動している。これまでの経験を基に、あらゆる状態や環境との繋がりで人の内から生まれる千差万別の心情や動きを《JINEN舞踏の基礎》とし、それら内からの動きを世界共通の身体言語として捉え、様々な国のアーティストと作品を共同制作、またワークショップを行う。
Atsushi Takenouchi JINEN BUTOH website http://www.jinen-butoh.com/
■音楽:小宮 広子 ( パーカッション、声)/その場の空気、空間、踊る身体から感じる直感やイメージをメロディやリズムにとらわれることなく即興の音に表現する。1999年よりじねん舞踏の音楽を担当。その後も公演、ワークショップにてヨーロッパをベースに活動を展開。ジャンルを超えて即興音楽ライブも行う。最近では映像、インスタレーション、詩の朗読、美術家などとのコラボレーションも行う。

じねん舞踏即興『 千の雫、千の花 』東北ツアー
●3/1仙台19:00~(18:30開場)エルパーク仙台スタジオホール:全席自由 一般2,500円 当日2,800円:チケット取り扱い:火星の庭 ,わでぃはるふぁ/予約・連絡先 tateishi-bijutsu@softbank.ne.jp(立石)●3/2宮城県角田市 18:30~(18:00開場)オークプラザ(角田駅2階):全席自由 一般1,000円 当日1,300円:チケット取り扱い: いとや 天神小劇場(しんたな)/予約・連絡先 shintana1948@yahoo.co.jp(天神小劇場)○3/2柴田町立船岡小学校学習支援学級ワークショップ:朝9:30より/ 角田市立金津中学校ワークショップ(予定): 午後13:30より ●3/4山形市 18:00~(開場17:30)ギャラリー&喫茶「瑳蔵」 (山形市本町2-4-26 TEL 023-610-4126)予約・当日 2500円/予約:表現集団エッグ・プロジェクト0234-23-3249○ 山形市3月3日(土)-4(日)JINEN舞踏ワークショップ(一般対象) :ダンス・スペース:3日15:00-18:00 4日10:00-13:00:参加費 未定:山形市七日町1-2-50 2F/予約:表現集団エッグ・プロジェクト/0234-23-3249●3/5気仙沼18時半頃~マルト齊藤茶舗:会費 無料(カンパ):気仙沼市八日町二丁目2-2-17/午後 気仙沼高校写真部と共にフィールドワーク●3/6三陸、遠野方面●3/8弘前市13:30~(開場13:00)鳴海要記念陶房館 定員40人:予約・当日2,000円 /予約・問い合わせ:鳴海要記念陶房館 TEL(0172)-82-2902: 弘前市賀田大浦1-2●3/9青森市18:30~(開場18:00)新城保育園:青森県青森市大字新城字平岡232−1/問い合わせ:017-788-0874○ゆきわり荘障碍者福祉施設:午前10:00より○新城保育園 園児対象:午後15:00~●3/11宮城県七ケ宿



遠藤 園子 えんどうそのこ:クリスタルボウル奏者・ホリスティックセラピスト
宮城県仙台市在住。2006年旅先のセドナでクリスタルボウルに出逢い、からだとこころを癒すその響きに魅了される。2007年より仙台をはじめ全国で活動。地元仙台を中心に、演奏会活動のほか、病院や施設の行事、職場や地域の健康福祉講座、リラクセーション講座などの講師として活動。年間数百人の方々にクリスタルボウルの音を届けている。「Holy Whole 仙台ホリスティックセラピー研究所」主宰。クリスタルボウルによる音響療法や、自然界の力を借りたアロマセラピー・フラワーエッセンスセラピーそして、アートセラピーなどを組み合わせ、こころとからだの力を取り戻すワークを提供しています。日本ホリスティック医学協会運営委員。
ブログ「仙台からクリスタルボウルの響きをあなたに...」  http://crystallin.blog36.fc2.com/


hopi2012_2_1

hopi2012_2_1

画像ではやや見づらいかもしれませんが、
宮田雪監督のドキュメンタリー映画『ホピの予言』の上映イベントが仙台であり、
その中で友人の遠藤園子さんがクリスタルボウルの演奏をするということで、
このイベントのご案内をします。

上の画像のどちらかをクリックすると、
イベント案内チラシがダウンロードできます。

日本ホリスティック医学協会 仙台事務局主催です。

私は21の時、この映画を見て、
教師を辞めて、自然に添った暮らしをするために
自分を変えようと、決心がつきました。

この度の震災の際も、
早い段階で、ホピからメッセージが日本に届いています。
それは、こちらからダウンロードできます。

ここにも、コピーを貼っておきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホピからのメッセージ
2011 年3 月17 日
ホピは日本と母なる地球のバランスを回復するための祈りへの参加を求める。

ホピは今、
バランスを失ったこの私たちの世界で危機に直面した日本の人々のために、
そして世界の人々のために祈っている。

われわれはみな、いま母なる地球の大きな変化の時のなかにおり、
今起きていることはすでにわれわれのエルダーによって以前から予言されていた。

われわれの予言も、われわれの儀式も、地球のわれわれの聖なる大地が泣いていることを伝えている。
そしてわれわれの子供たちは、彼らの未来のためにホピがバランスを回復してくれることを望んでいる。
われわれのエルダーたちは、この幾多の変化のなかをいかに通り抜けるかについて、導きを与えてくれていた。
人類は今すべてのいのちが従うことになる細い道を選びつつあり、われわれはいつかこの日が来ることを知っていた。

ホピとして、われわれは、あなたがわれわれの仲間に加わり、
母なる地球とすべてのいのちのバランスをとるための祈りの輪に加わることを求める。

われわれは、たくさんの祈りをとおして多くの良きハートと共に祈ることで、
われわれのエルダーたちが言っていたように、この間に起きた出来事の衝撃を軽減することが出来ると信じている。

ダライラマや世界の人々と共に、日本と地球とすべてのいのちのために癒しを送るための祈りに、
われわれはホピとして加わる。

この変化の時にあって、われわれは世界のすべての人々に、よりバランスのとれた生き方に戻ることを求める。

ホピは言う。われわれがこの変化の時を通り抜けていけるための道はあると。
それは、地球を敬い、そのすべてのいのちを敬い、母なる地球の上を優しく歩くことだと。
われわれのハートを未来に繋がるこの細い道の心とひとつにもう一度つなぎ直すことだと。

植物を庭で育て、そこに水を与えることで、
聖なる命を敬い、われわれの子供たちの未来の世代のすべてのいのちのために、
あなた方のハートを、みなの母なる大地を讃えるホピのハートと繋ぎあわせよう。

カワク・ワ ロロマニ( ありがとう。未来に良きことが起こりますように)
リー・ウェイン・ロアマイェステワ/キクモングイ シュンゴパヴィ村チーフ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10/1に白石で
私もメンバーになっている(ブログサイト管理担当)
「子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク」主催のイベントがあります。
以下、転載です。


皆様

こんにちは、今日も快晴、暑くなりそうですが、台風の被害など大丈夫でしたでしょうか。
さて先日予告しておりました「子どもみやぎ」の催しについて日時、内容が決まりましたのでご連絡させていただきます。 (時間的な制約もあり、多くの方のご意見、ご希望をうかがうことができずに申し訳ありませんでした。)

10_1_annnai
画像をクリックすると、案内チラシをダウンロードできます。

詳しい内容については添付ファイルのチラシをご覧いただきたいのですが、ご覧になれない方もいらっしゃると思いますので、概略について簡単に記させていただきます。

○ 児玉龍彦(東京大学アイソトープセンター長) 講演録上映会 

 「民間活力による放射能除染について」  収録 2011.9/17 南相馬市 

 日時 2011年10月1日(土) 午後5:00~ (2時間程度)
 場所:白石市中央公民館2F視聴覚室

 「除染」とはなにか、なぜ「子どもと妊婦」なのか。チェルノブイリの実証研究をもとに解説。放射能対策は楽観論、悲観論に陥ることなく、あくまで「事実」に基づいて対処することの必要性を力説

※ 入場無料ですが会場費捻出のためカンパ大歓迎です。

○ 食品測定会&ラディカルカフェ (同時開催)

日時、場所: 上記と同日 中央公民館1F調理実習室にて 午後1:00~6時ころまで

・ 福島市民放射能測定所による出張「食品測定会」 (測定機器:LB200)

測定のレクチャー、食品の測定、食品の危険性、福島の現状などのお話も聞けます。

測定を希望する食品をお持ちください(測定料 2検体1000円) 1検体の測定に30分ほどかかります。測定は先着順です。持ち帰っての測定も可能なようですが、希望多数の場合測定できない場合もございますのでご了承ください。 まず測定の実際を見てみましょう!!

・ 「ラディカルカフェ」in白石 (午後2:30~2時間程度)

米のとぎ汁乳酸菌、豆乳ヨーグルトなどのシェア…、みんなで試食してみたり…。もっと気軽に放射能の話がしたい。食事って何に気を付けたらいいの?免疫力UPのための食事って?そんなことをお茶を飲みながら話せる楽しい場です。参加費300円、できるだけ事前に予約をお願いします。(連絡先:090-9631-7285 吉田貞子)


と盛りだくさんな内容になりました。事務局沼倉さん他担当の方ご苦労様です。 また佐藤光夫さんが素敵なチラシを作って下さいました。 添付してありますので周りの方にも是非お声がけいただければ幸いです。 たくさんの方のご参加お待ちしております。 

ご不明な点はお問い合わせください。(090-7402-4478 沼倉 0224-76-2015 soya@k2.dion.ne.jp 太田 ) 
                                    
子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク
                                                          太田茂樹
放射能時代を生き抜くために
映画上映会in白石のご案内

○「低線量被曝とは」今中 哲二さんインタビュー
○「汚染の中で生きる-チェルノブイリから学ぶこと-」河田 昌東さんインタビュー
の2本です。


日時:2011年8月1日(月)午後6時〜
     18:00〜  今中哲二「低線量被曝とは」
     19:00 〜 河田昌東「汚染の中で生きる」
     上映後、森の映画社の藤本幸久監督を囲んで意見交換
      森の映画社 http://america-banzai.blogspot.com/
会場:白石市中央公民館2F視聴覚室 
(宮城県白石市字寺屋敷前25-6 TEL 0224-22-1343)
   入場無料ですが、会場費捻出のため、カンパ大歓迎です!
    予約はいりません。直接会場へお越しください。

<主催&問い合わせ先>
「子どもを放射能から守るみやぎネットワーク」 代表 太田茂樹
   電話0224-76-2015 メールsoya@k2.dion.ne.jp

詳細は下記PDFでどうぞ。
拡散希望です。

8_1_eiga
ちなみに私がチラシを作らせていただきました。
moromika-marumori

NPO「チェルノブイリへのかけはし」の野呂美加さんのお話会が
丸森町で開催されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7/31AM9:30~12
会場:丸森町館矢間まちづくりセンター(丸森町館矢間大門148-1)
参加費:500円
定員:200名
申し込み必要です。
申込先:丸森かたくり農園:北村みどり
tel&fax 0224-78-1916
katasato@khaki.plala.or.jp
託児はなし、休憩室はあり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先月の米沢でのお話会は家内がママトモと参加したので
今回は私がいってみようかと検討中です。

ぜひぜひお誘い合わせの上お出かけ下さい。
sumiyakiikka_top


震災による原発事故以降、
福島事故原発とホットスポットの飯館村を結んだ
北西方向の延長上80〜90kmにある七ヶ宿で、
悩みながらも、せめて子ども達のいのちは守らなければならないと、
私たちはいろいろ工夫して暮らしてきました。
有益と思われる情報をご縁いただいた方々に一斉送信したり、
自分たちがしていることなどをブログで紹介したりしてきました。

2011_7_3_2
7/3の炭出し

いろいろな人と話をする度、
国やメディアから放たれる多くの嘘の情報や、
ネット上に溢れ返る様々な情報の中で、
自身も含めて心を乱されているなあと感じてきました。
と同時に、前向きに生きていくための手だてが
是非に必要とされているんだなあと感じることが多々ありました。

その感じは日々大きくなっているようにも感じています。
そこで、自分自身を整理をするためと、
たとえたったひとりでもいいから、必要としている方のところに
有益な情報が届けられればと願い、
なにかまとまったサイトが作れないかと考えてきました。

そんなわけで、4月末くらいから計画していたサイトが
やっと公開できるくらいになりました。
決して網羅しているものではありません。
あくまで私たちが実際にしていることを中心に紹介するようにしました。
まだまだ不備だらけで、ぼちぼちな私たちです。どうぞご笑覧下さい。


「炭焼一家のしてること〜環境汚染時代、放射能時代を生き抜くために」
http://suminochikara.web.fc2.com/


携帯対応のQRコードが各フレームに出たりして、多少見づらくなっているかもしれません。
また、携帯の方は閲覧できないファイルも多々あると思います。
徐々に改良していきますので、お許し下さい。

2011_7_3_1
今日は日曜日なので、息子が少しお手伝い?にやってきました。

最初は大上段に構えてサイト名も
「炭の力〜環境汚染時代、放射能時代を生き抜くために」なんてこと考えてましたが、
「炭焼一家のしてること」というところで、
わたしたちの身の丈にあったスタンスになったかなあと思っています。
皆さんの参考になれば幸いです。

とりあえず、文章が多くなって、ヘビーな感じかもしれませんが、徐々に改良していく予定です。よろしくどうぞ。

かえって、混乱させるようなことになるのならば、どうぞご容赦を。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。