上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.30 朝露の散歩道
2011_9_30_3

この季節の朝の散歩は
朝露にそこいらじゅうが濡れているので
長靴をはいての散歩になります。

野菊の咲く向こう側から朝日が射し込んできました。

美しい光景に出逢えます。
幸せで満たされる時間です。

朝日が射し込む空気は
なにか特別なエネルギーがあるようなことを
聞いた事がありますが、
本当にそう思います。

この特別な空気を胸いっぱい吸って
よき一日を願って一日のスタートです。


2011_9_30_1

2011_9_30_2

2011_9_30_6


2011_9_30_5
例年であれば、ヤマグリを散歩の度に拾うのですが、
今年は、やはり放射能の事が心配なので拾っていません。
まるまる充実していて
実にうまそうなクリなのですが…。


息子も拾いたがりますが
「測って大丈夫がわかるまではやめておこうね」
と捨てさせています。
残念ながら…。

2011_9_30_4


スポンサーサイト
2011.06.25 梅雨どきの道
梅雨で雨が降ると、いつもの散歩道に
いろいろなものが降ります。

sakuranbo
ヤマザクラの未熟の実、つまり野生のサクランボ。熟すと真っ黒になり甘みと苦みがあります。
娘が小さい時、よく食べていました。種が大きくて果肉は少ない。

nara_kafun
コナラの雄花の花序が一斉に雨で落とされ、みずたまりのまわりがその花粉で黄色くなりました。


taniutsugi
タニウツギの花が一斉に落ちました。
2011.05.13 春の道
春の道は春の道

いろどりほのか

素直に感受すれば、心踊るはずが

しかし

ますます深刻化する、というかかなり深刻だったことが
隠され続け、少し明らかにやっとなった
福島原発が
私の心の大部分を占め

素直には
この春を喜べない。

素直に喜ぶべしと
切り替えようとするが
うまくいかない



2011_5_11_2
スミレの道、ナガハシスミレ

2011_5_11_1
ヤマザクラの花びらの道
2011.04.03 雪どけの道
「歩けばそこが道になる」
というのは、それが冬の雪上となると
とりわけ、実感できます。

2011_4_1
自宅から炭窯までの道。運搬車でもよく通りました。

2011_4_3
炭窯から自宅の勝手口への道。
ここは10回くらい歩いただけです。
雪面が汚れているのは
炭窯や自宅のストーブ、ボイラーの煙の塵などです。
そこに今朝さっと雪が降って
このような色合いになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。