上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.12 太鼓のこと


私たちは、七ヶ宿で暮らし始めて間もなく、地元の太鼓グループに混ぜてもらい、
時折演奏をしています。
週に1度くらいのペースで練習しています。
ここ峠田地区の壮年の方々(今は70後半の方々)が、
昭和61年、一年発起して始めた太鼓グループで、
当時は新宿西口に行って演奏したこともあるそうです。
いわゆる、伝承されている古い太鼓ではなく、創作太鼓ですが、
名に「保存会」とあるように、心意気はそのうち伝承となることを願っての始まりだったようです。
七ヶ宿での山暮らしが始まってまもなく、家内と二人で夜に買い物に出かけた折、
集落の中を車で通ると、太鼓の音が聞こえてきました。
二人して即決で「混ぜていただこう!」と、わりと気楽な気持ちでメンバーに加わることになりました。
この「山中七ヶ宿太鼓保存会」にいくらか若いメンバーが加わり、
現在の「山中七ヶ宿太鼓保存会源流」に至っています。
現在はどういうわけか、私が代表を務めています。
爺ちゃんたちの演奏は、決してうまいとは言えなかったのですが、
長年山で暮らしてきたその生き様が味となったのか、
なんとも味わいのある演奏で、そこにほれ込んだものでした。
そんな私たちも年をとってきて、結構太鼓の演奏自体がハードになってきたりしていますが、
太鼓の前にたつと、そんな気持ちも吹き飛びます。
いい加減に叩くわけにはいかなくなってしまうのです。
練習は少ないので、技術的には?ですが、
日々の暮らしが練習であると、練習不足の言い訳にして、
伝統になるまで、なんとか続けていければと願っています。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakutan7.blog.fc2.com/tb.php/218-c62503ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。