上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20131014-3
積水ハウス仙台の佐藤さんからお誘いを受けて、
WORKING HORSE WARKSHOPにお邪魔してきました。
七ヶ宿でも5年ほど前までは、馬方さんがいて、
間伐材の搬出などの仕事をしていました。
私も森林組合時代、馬方さんの手伝いをしたことが少しだけあります。
うちの大黒柱のエノキは、その馬方さんにお願いして搬出しました。
馬は重機と違って、山のダメージが極端に少なくて済みます。
とてもいい仕事です。

その馬搬の仕事をしている遠野の岩間さんと菊池さん、どちらも30代で若く、
こういう若い方々がいることを大変頼もしく思いました。
彼らが馬を仙台の積水ハウスのコモンシティ小田原という団地に連れてきて、
馬に乗せてもらったり、触ったり、トークありの集まりでした。

馬搬以外にも、下刈り草を食べてくれたり、うんちが燃料になったり畑の肥やしになったりで、
有益性が高いのは言うまでもありませんが、
ドイツでは精神的な病の治療としてのホースセラピーの考え方が普及していて、保険もおりるそうです。
もっともっと馬が人間の生活に身近になって欲しいと、真剣に考え実践している方々でした。

馬人 菊池辰徳 http://www.umahito.com
馬力舎 岩間敬 http://www.barikisya.info

20131014-5
うちの大黒柱のエノキの搬出時の様子。馬方の岡田さん。

20131014-1
私も載せて頂きました!
20131014-4

20131014-2
珈琲を提供していた芦田珈琲さん乗馬の図
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakutan7.blog.fc2.com/tb.php/222-93776dd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。