上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20140417-3
我が家の風呂と給湯は、
すべてウッドボイラーという
薪を燃やすボイラーです。
燃料の木材は、無料でいただいた廃材を
ボイラーに入る長さ(80cm)にチェンソーで刻んだものを使っています。
つまり燃料費はチェンソーの燃料分だけということになります。

20140417-2
毎日夕方に火をいれます。1回きりです。
真冬でも夕方に1回です。
夏場であれば、翌日の夕方の火を入れる直前でもあったかいシャワーを浴びることができます。
真冬でも翌日夕方になんとかお湯を使えることもあります。

今日の夕方は、焚く前で30度あったので、焚く木材の量は下の画像の分で足りそうです。
軽く二抱えといったところです。
20140417-1
大変重宝しています。
このこのウッドボイラーはエーテーオーというメーカーのものです。

20140417-4
春の夕日の中、今日もボイラーに火が入り、煙がたなびきます。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakutan7.blog.fc2.com/tb.php/232-17103552
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。