上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20140711-2
国蝶のオオムラサキがやってきました。
我が家の居間に面した濡れ縁においてある樽に止まっています。
コムラサキというのもいるので、ネットで確かめてみると、
羽の下の方の赤の斑点模様や大きさから言って、オオムラサキで間違いないと思われます。
いろいろ調べてみると、
幼虫の食草は、エノキかエゾエノキのようなのですが、
このあたりでは見かけた記憶がありません。
疑問に思って、いろいろネットを見てみても、
どこもオオムラサキの幼虫の食草はエノキかエゾエノキとあります。
コムラサキはと調べてみると、こちらの幼虫の食草にはヤナギ類とありました。
ヤナギなら数種類、この辺りにあるのですが、赤い斑点からしてオオムラサキに違いないようなのです。
納得いきません。
そこで、とうとう、オオムラサキセンターなるサイトを見つけて電話して聞いてみました。
それでもやはり答えは「エノキかエゾエノキ」。
もしや遠くからくるのかと考えて、行動範囲を聞いてみると「せいぜい一山くらいでそんなに広くありません」との答え。
そこから考えられるのは、
エゾエノキがどこか近くにあるということです。
いつか出会えればいいなあと切に願います。

私の炭焼の師匠の石太郎さんが
「エノキはニセケヤキって言うくらいで、ケヤキにちょっとにてるんだ」と
言っていたことがありました。
何を隠そう、うちの大黒柱はエゾエノキで、馬方さんに頼んで山から出したものです。隣町の白石市、隣と言っても伐採現場までは40キロほどの場所に立っていた大木です。石太郎さんが炭の原木に買った山の中にあった2本立ちの大木でした。
20140711-5

20140711-6
伐倒直後

20140711-4
搬出の時の馬

20140711-3
2004年春の建前の時の様子。左手前が大黒柱のエノキ。6寸5分角。左後方は杉の向大黒7寸角。

20140711-1
ちょっと脱線してしまいましたが……。

その後、撮影のために開けていた窓を締め忘れていたら、
部屋の中に入ってきました。なにかおいしいものでもあったのでしょうか。
撮影後、網戸を開けてやると、すごい勢いで飛んでいきました。
鳥のような力強い飛翔で、あっという間に雑木林のコナラの梢のほうにいってしまいました。

自然に感謝。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hakutan7.blog.fc2.com/tb.php/237-6cf1db8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。